もう一人の私

近況報告1709

とりあえず右のメニューがいろいろ崩れていたので手直しを。
Twitterもskypeもいろいろバージョンが上がって
こういうBlogパーツがいつの間にか機能しなくなっているのもあるあるですね。

@LGBT
こういうサイトを最近見つけて登録してみました。
とくに周囲に積極的に関わりに行くわけではなく、
なんとなく登録してみただけなので、きっかけの一つ扱い……くらいなのかな。
今のところ、このBlog、Twitter、skypeが相互にリンクしあっているので、
そこに繋がる物が1つ増えただけ、という感覚です。
私のプロフィールページはこちら
画像はBlogと同じひざ枕画像にしてみましたが、
こちらの方は最初から実寸大で表示されるんですね、けっこうサイズ大きい。
とは言えBlogの方も画像クリックすれば大きいので見られたりしますが。

あいかわらずのんびりやだし、年齢的に相手探しもちょっと微妙ですけどね。
損得勘定とか利害関係とか抜きにして、誰かと繋がりができるというのはよいものです。
そのためのきっかけが多いには越したことはないですね。

あまり自己主張しすぎて周囲の反感を買うでもなく、
かといって何もせずにただ待つだけでもなく。
努力でなんとかならない部分というのはもどかしいけれど、
できることはやっておきたいなとは思うのです。それが無駄な労力かどうかは別として。


[PR]
# by melody_sinclair | 2017-09-10 00:34 | 日常・その他の雑記

君の名は。

さて、たぶん今一番有名な映画。
もう話題も落ち着いた頃合いながら今頃見てきました。
第一には新海さんらしいなーという感想だったりしたけれど、パンフレットはゲット。
改めて自分の立ち位置について考えるきっかけになったので、
忘れ去られていたこのBlogも久々すぎる更新となります。

思えばBlogを書くようになってからだいぶ立ち位置が変わりました。
最初は女装子(MtF-TV)。その概念しか知らなかったからそうだと思っていた。
そのあと、昔から性自認がズレていたというところからいろいろ調べて、
(当時は先天的なものという限定であった)GIDになって、
そのあと、自認が女性なのかというと違う気がして、TSではなくMtF-TGになって。
今はXジェンダー、という意味でMtX-TGを名乗っているわけですけども。

映画を見てまず思ったのは、やっぱり男では違和感ながら
だからといって女になりたいわけじゃなかったんだなって言うのがまず一つ。
「男以外は女である」っていう固定観念に縛られていると理解できない話ですが。
男は男で、女は女で、そしてどちらでもないXはXで、それぞれに苦労がある。
性嫌悪から来る逃げ(FtMに多い)とか、異性へのあこがれ(MtFに多い、AG)とか、
そういう立ち位置のラインには自分はいないんだなって再確認ができたのが一つ。
たぶん実際に異性になったらなったで、現実の変化についていけない気がするし、
男の中に居場所がなかったように、きっと女の中身にも居場所はない気もして。

そして、これは某朝おんスレでも同様の意見が出てたんですが
http://mercury.bbspink.com/test/read.cgi/ascii2d/1476233622/l50
「自分の願望のために他人を巻き込みたくない」っていうのが一つ。
作中では三葉が「イケメンに生まれ変わりたい」と願うところから入るけれど、
例えば私が女性の体に入った結果、誰か女性が私の男の体に入るとしたら、
それって巻き込まれた人はきっと不幸ですよね……。
一般人からすれば「非日常のドタバタが~」ってなるんだろうし、
入れ替わってる最中の描写ってかなり端折られてはあったんですけど。
トランスの視点から見ると(とりあえずAGも含めて)、
「自分が性転換する・性特徴を除去するのは個人の自由だけど、
 他人を巻き込む入れ替わりは本望ではないし、それを望むことはない」
って意見がけっこう多いように見受けられました。

作品としてはまぁ一般受けはするだろうなというイメージは受けました。
ストーリーだけで時間を使い切って、エピソードがかなり端折られていたので、
「そういう作品」として見る場合にはちょっと物足りない気もしますが……。
入れ替わった苦労も節々で見えていたことだし、上手く組み立ててはあった。
上映時間107分、決して短くはないけれどほのかに残る物足りなさ。
あと、音でバン!って大音量鳴らして暗転するのがちょっと鼻についたというか。
場面転換としてはありがちな手法なんだけど、
ホームシアターじゃなくて映画館で見てるんです、ちょっと急激すぎて怖い(汗)
べつに酷評ではないんです、テーマは良いと思うんです。
歴史を変えちゃうのはちょっととは思ったけど、良いendだとは思うんです。
口噛み酒が3年越しであれだけ澄んでいるっていうのもちょっと疑問だったし
(口内雑菌って思ったより多種なので、普通は発酵じゃなくて腐敗の確率が高い)
見ながらご都合主義の節々が見えちゃったのは私もあっち側の人間ってことかな?
結局、個人的にあの監督らしさが良くも悪くも出ちゃって物足りなかっただけで。

あくまでグッド/バッドエンドって言い方はしない、現実ってそんな単純じゃないから。
思春期なりに入れ替わりでいがみ合っていた2人、
どうしてあそこから好き同士ってなったのかはいまだに分からないけど、
あのエンディングから先の未来ではもっと苦労があるんでしょう。
私は恋愛ごっこで終わって別れる方に1票入れますけどね……(笑)
「彼のおかげで死ぬはずだった自分はこうして生きている」というのも、
だんだん現実が取って代わっていって、夢は夢であったってなりがち。

泣いたって話をよく聞くけど、私が泣けなかったのは理由は3つあったのでしょう。
トランスだから、作家を目指していた時代があったから、現実主義者だから。
楽しめなかったわけじゃないし、こうしてBlogのネタになったのだから
きっと見に行ったことはちゃんと何らかプラスの意味があったんだとは思います。
[PR]
# by melody_sinclair | 2016-10-28 22:42 | TG・女装系

近況1410(女装外出)

あまりに間が空きすぎて死滅Blog判断されてそうな予感がひしひし(笑)

さて、先日。夜のドライブへお誘いを受けました。
お化粧無しでの女装外出はある意味では初めてかもしれません。
だいたい時間は2時間ちょっとくらいで、
ホテルに入ってのんびり、着替えてそのまま駐車場から出て、
あとは軽くドライブをしたあと、夜道にちょっとだけ出て歩いて、
車に戻ってきて、着替えて、駅まで送ってもらってお別れ。というコース。

どうしても人目が気になるので、駅の周辺を通過する時の信号ではドキドキ。
車から出歩く範囲は誘ってくれた人以外ほぼ無人の条件でしたけどね……。
人目さえ気にならなければ普通に室内と変わらないので、
開放感とかは特には感じなかったけど、面白い体験だったんじゃないかな?
途中で何人かとすれ違ったけど、夜道だったし少し離れてたし
誘ってくれた人が男性だったので特にトラブルとかはありませんでした。

ストッキングとかニーソはいてればあんまり寒くないものですね~。
あとはひざ上丈のワンピースだったのでスカートのふわふわ感を堪能。
下から覗けば(めくり上げれば)簡単に下着が見えちゃうもろさを感じつつ、
ズボンとは違う軽さとかふんわり感がちょっと楽しかったですっ!
人通りさえないなら夜のお散歩も悪くない気がします。
ゴスロリみたいにパニエ入れてふんわりスカート+ケープとかで、
夜道を歩くというのもいつかはやってみたいかなと思ったりも。
機会があればまたやってみたいなと思いつつ、着替え場所の確保が課題。

人目を気にしすぎる部分はやっぱり、
お化粧しても外出に対しては抵抗感は消えないんだろうな~と思いつつ。
人目濃霧関係なく女装外出で興奮するとなると、
それはもう趣味とかトランスとかじゃなく性癖女装だと思うので、
自分はまだトランスの範囲だったんだって確認できたのもよかったかな。
例えば日常の中で味方がいない人間が、息抜きをするような。
今回のドライブとお散歩は私の中ではそんな感じの位置づけだったみたい。

もうワンランク上げるとすれば、軽く化粧してコスイベント?
ここまで進むにはお化粧と衣装代の2つの壁が……。
コミケくらい大きければ参加者もピンキリだから、
着たきり雀でも大丈夫なのかもしれないけど、
それはそれで知り合いがどこに居るやらという恐怖感がぬぐえないわけで(汗)
もともとそこまでして女装したいわけではないので、
理解者の違和感をぬぐいつつ、私は「私」を出しやすくするために、
という範囲でいろいろとできることを探してみたいなと思いました。



-----------------------------------------------------------------
画像blogじゃないので、更新してからわざと時間をおいてから編集追記。
b0167673_2502566.jpg

当日帰ってきてからこっそり親に気付かれないように取ったもの。
五分袖の部分と裾の部分の灰色が下に着たものですね~。
手持ちがなくて、なんとかあるものでぎりぎり組み合わせたので
ファッションセンスとか色合いまでは深く言及しない方向で……。こっそり置いてみる
[PR]
# by melody_sinclair | 2014-10-31 23:09 | TG・女装系

ついでに

なんかBlogのシステムが新しくなってたせいで設定が狂ったみたいなのでいろいろと編集。

1.最近の記事のカテゴリを一部変更
2.コメント全部禁止になってたので解除
3.メモ帳の中身をちょっと追加

なんか記事を投稿しようとする時に限ってログインが認証タイムアウトしたりして、
文章はできてるのに投稿できないなんてことが最近ちらほらと……(汗)
skypeにしても、多少落ち着いてきているというのはあるけれど、
投稿がない=もう完全に放置されてる、というわけではないのですよ(しくしく
[PR]
# by melody_sinclair | 2014-04-07 23:21 | 日常・その他の雑記

普通じゃないってこと

久しぶりのBlog更新。
あいかわらず変わらぬ日常って感じですし、心も大きく変わった形跡も無し。
つまりは時間だけが過ぎていってるみたいな状況なので、
特別「近況報告」なんてするほどの日常でもないわけなんですが(苦笑)

今日の内容はいつもとはちょっと毛色が違うものになりそうです。
私はいつも、書くことのテーマだけ決めて一気に書くスタイルなので、
まずタイトルはおおよそ最初に決まっているのが普通です。
でも、今日のはテーマは決まっているけどタイトルが浮かびません。
ちょっと前にまとめて大量に読んだ怖い話っぽいのがかなり影響してそうです(笑)
(※ちなみに私は怖いのはダメです、お化け屋敷どころかジェットコースターもアウト)
いろんなものと自分との共通点を探っていく作業は楽しいので、
今日のもそんな感じの内容にはなっていきそうです。

さて、唐突に脈絡のない話題でスタートしますが。
普通の人にとって「幽霊」「妖怪」「おばけ」「神様」ってどういうイメージでしょう?
こういう見た目とか性格とか、そういう話ではなく感覚とか感情の話。
やっぱり、形がつかめないもの、存在がはっきりしないもの、得体のしれないもの、は
基本的に恐怖とか不安とかの感情が付きまとうと思います。
自分に害がないと思えばそれがただの興味に変わるし、
守護霊などに代表されるものであれば、尊敬とか感謝とか畏敬とかになりますが。

やっぱり得体のしれないものって、自分の理解の外のものって、
次に何が起こるか分からないものだから、どうしても身構えちゃうものです。
幽霊にしても、本人に見えるか見えないかは関係なくて、
居るかもしれないってだけで恐怖感を覚えたりするのはよくあることだし。
それこそうわさ話の範疇と言うべきか。人の想像が作りだす異形と言うべきか。
七不思議なんて発祥をたどれば意外と笑い話になっちゃったりもするものですし。
安心する話よりも、不安をかきたてる話の方が広がりやすい(注意喚起含む)から、
マイナスな話の方が後世まで残りやすい=残すために枝葉がつくのもありますけど。

けど、いくら理論的に割り切ったってダメなものはダメってことは多い。
例えば「ゴキブリはきれい好きで、あなたの皮膚よりも細菌数が少ない」と
専門家に言われたところで、やっぱりあれは生理的に受け付けないでしょう。
もちろんウソじゃないですけども、ウソくらいで生理的嫌悪が消えるなら苦労しない。
だから普通は、得体のしれないものからは距離を置く。
住む世界が違うと思う人間からは自然と距離を置く。それは自然なことです。

日本人は比較的、「自分に害をなさなければ許容する」性質があるようで、
欧米みたいに「同性愛者だと自白した友達に身の危険を感じて射殺」なんて
ニュースは国内じゃまず耳にしたことはないと思います。
そんな中で日本の八百万の神様の過半数はタタリ神というのも皮肉な話ですが。
特に田舎と違って都会は隣人が誰かも分からないこともあったりして、
認められないけど迫害もされないという意味では、異端には生きやすい国なのかも?

普通じゃないって言うのは、実際に触れてみないと、
もしくは我が身がそうなってみないとなかなか気付かないものです。
そしてたいていは、当事者も含めて不安とか嫌悪とかマイナスの感情を抱きがちです。
それが分かりやすいものならまだいいでしょう、
理屈で分かれば少なくとも「得体のしれなさ」「わけの分からなさ」は消える。
トランスジェンダーの世界は、残念ながら直感でも理解しにくい世界なんですよね。
性欲とか知的好奇心以外では、関わろうとする人はあまり多くないでしょう。
だからこそマイノリティも仲間同士で固まったりして外を敵視しちゃうんですが……。

なんとなーく視野を広げて「同じ一人の人間じゃん」と見れる人なら、
とくに意識もせずに接したりできるんでしょうけど、まずそんな人は居ないのが現実。
知名度を上げれば理解者が増えるなんてのは幻想ですよね。
たいていは「概念を利用したいだけの人が自称」し始め、
マイノリティだからと見下したり笑いものにする人が増え、
同情とか必要以上の気遣いというなの距離を置く人が増えるだけです。
概念を利用したい=特権やら配慮が欲しい人は別にして、
本来のマイノリティは特別扱いされたいんじゃなく、普通に暮らしたいだけなのですし。

どう接して欲しいのか?と言われるとそれも難しい質問です。
普通でいいんですよ、ただ見た目にとらわれないと言うだけの話であって。
親しい付き合いともなれば相手は一人の人間として扱うのだから。
でもやっぱり普通な人から見れば「違う」んですよね……。
ゆえに感覚的な話になってしまうと個人差の範囲が広すぎて難しい。
あとやっぱり見た目の優先順位は高いし、男や女を必要以上に意識するのが一般。

かくいう自分だって、他のマイノリティさんを理解できるかと言えば難しいし、
距離を置かずに接していられるかと言えばそうでもない。
例えば簡単な話として、アレルギー体質の人と一緒に行動した時に
食べれないものにどこまで配慮できるか?と言われればけっこう難しいものです。
だからこそ、周囲に対して私が何かを期待すると言うことはしないし、
歩み寄ろうとしてくれた人が理解できなくても責めたりする気持ちはありません。
分かっているからこそ孤独を覚悟して生きてる、不器用で難儀なものですよ、ほんと。
[PR]
# by melody_sinclair | 2014-04-07 23:06 | TG・女装系

宝くじが当たったら

こういう夢物語は、まず起こることがないからこそ夢物語なんだけど、
じっさいに起こってしまったら、現実味がないままに浪費されてしまうこともある。
せっかく現実につかんだのに結局は泡と消えるのもまた夢物語なら、
しっかりと現実に繋ぎとめる作業というのは、
無駄に終わる可能性を差し置いても、費用対効果としてはアリだと思うのです。

さて現実的な話、大金が手に入ったところで
それまでとそれからの日常に変化はあるわけはないですよね。
その大金のもたらす恩恵は、大金が底を尽きれば終わってしまうのだから。
だから、運によってもたらされた成金では生活水準は変えられない。
むしろ大金を入手したと知られることによるリスクはけっこう大きいかもしれない。
とつぜんに現れる縁の無かった親戚、友人、宗教、投資話、保険と殺人、
人間の欲望っていうのはそういう意味でも日常を壊してしまうおそれがある。
それを回避するためにかかるコストというのはそれなりに必要だとは思ってみるので、
まず1番始めに大事なのはそういう出費。実に現実的な話。

そしてやっと使い道だけど、たいていの当選者はきっと「貯金」と答えるでしょう。
使い道が分からないならば、誤差レベルでも利息が付けばそれでいい、という。
実はこれもけっこう現実的な話として、大事な部分ではあります。
まだ記憶の片隅に残るリーマンショック、銀行や証券会社の破綻、
預ける先がいつまでもそこにある保証はないのですからね。
とすると、預金保険・預金保証という話を考慮する必要がある。……つまり、
「1000万までの預貯金とその利息までは倒産しても保証される」こと。
まずは、この保証の範囲が含まれる金融機関に口座を作って、
1000万前後ずつ分散して預けることも大事。これも実に現実的な話。

さて、そんなこんなが終わったら。やっと細かい使い道の話。
いざとつぜんにお金が手に入ったとしても、普通はパッと思いつかないです。
何に使おうかな~?って、普段から考えていないと小さな買い物にしかならない。
「お金がないから諦めていたもの・やらなかったこと」って、
意識しないとなかなか思い出せないものですから。
例えばちょっと時間に余裕ができた時に「何しよう?」ってなるのもそう。
考えてるだけで時間が過ぎたり、だらだら過ごしてしまって無駄にすることもある。
だから「こういう時にはこうするメモ」というのは、思いついた時から作る必要がある。
お金ができた時、時間があいた時、どちらも財産だから無駄にはしないように。

----------------------------------------------------------
というわけでタイトルの通りに私が個人的に考えた結果。
<小さな出費>
・PCの買い換え、ネット回線の追加も考慮する 総額20~30万くらい?
 回線をなんとかする場合には継続する費用に含むけど
 テザリングとして使用する場合はサブスマホと兼ねて考えられそう
・今まで入手せずにいたホビーや衣類の「欲しいものリスト」を洗いざらい買う(笑)
 ホビー系は入手困難になっていたりプレミアが付いてるのも覚悟で。
 全体で言えば100万は超えてきそうだけど、単体は小さな出費の積み重ね
・運転免許証を取りたい。車を運転するのが目的ではなくて身分証明メイン
 まとまった時間も必要だけど、いつかは役立つかもしれないものだから。
 とりあえず原付免許くらいは重い腰を上げるきっかけになりそうな気配
 1~30万くらいの範囲で考慮してみる
<継続する出費>
・サブにスマホを買う。機能じゃなくて見た目重視の方向でF-03かF-09シリーズ
 現在の携帯は月額1200円程度で、外でネットを見たりはしないから。
 急激に増える月額は今の収入じゃ維持できないので……(汗)
 年間で8~15万くらいの出費を見込む
・どこかアパートでもいいから借りる、今のところ持ち家にする予定はない
 主には衣類、趣味、書籍、などの置き場として。延長で1人暮らしのノウハウとして。
 賃貸契約ほかいろんな手続き、各種必要経費、やらないと分からない
 月額で10万くらいの出費を見込んでみる、都内は高いです
<大きめの出費>
・レーザー脱毛、できれば全身まで対象を広げたい
 当てるなら早い方がいいから、前倒しで払えるに越したことはない
 全身まで広げると200万くらいは必要かもしれない
・実家がいずれ相続の対象となった時のリフォーム費用
 とりあえず現実味はないけど1500~2000万くらいかな?
 今の土地の広さだと、2人で入れるお風呂はムリそうですが……
……箇条書きにしてみるとまだまだ少ない気がする。
金額という意味でじゃなくて、生きる力たる「欲求」という意味で。

そしてつい先日思いついた(この日記のきっかけになった)のが、
・NPO法人を作る。事業内容は「生活の知恵のマニュアル化」。
 ものを選ぶ時のコツ、保存方法、活用の仕方、と言うとおおざっぱだけど
 日常に近くするなら食材の選び方・保存方法、とかそういうところ?
 冷蔵庫、冷凍庫、野菜室、常温、の違いもそうだし
 エチレンガスのでる果物は個包装して保管とかそういう知恵袋。
 核家族化が進む日本だと育児や子育てに関しての情報も有益のはず。
 それをまとめて、ビラや冊子にして配る。いわゆるボランティア事業。
ネットには無駄な才能を持ちながら時間があまってる人が居るし、
デザインとかで仕事を創出することができると思う。
扱う情報自体もネットで普通に拾えるものだから守秘義務も発生しない。
できたデータも著作権放棄して法人サイトで公開しちゃっても良いと思う。
誰でも自由にDLして印刷して使えるように、という言わば公共の利益。

もともとこの発想は以前からいろいろ考えていて、
「自分の手に余るものを得た時に最大効果でおすそ分けする方法」というか。
それこそ、時間と人手さえあれば今から始められることでもあるんですが。
個人的には、アイデアを出してそれを煮詰める作業は没頭できるんだけど、
それを実際に行動に移して維持する作業は苦手なんですよね~……。
こういうのってクリエイターとしては実に中途半端というか、
一番役に立たない上に口だけ出してくる面倒な存在なんですが(笑)
そういう面でも、お金があれば手間と時間は丸投げできるかな?とかなんとか。
なんだかんだ、「他人に認められたい・認識されたい・褒められたい」という
自己顕示欲求的なものはあるんだけども、
自分の利益のためにお金を使う欲求というのはあんまり強くなさそうです。
それはそれで欲がないというわけではないのは再確認できたのでよかったかな。
[PR]
# by melody_sinclair | 2014-04-07 23:06 | 日常・その他の雑記

こっそり撮影成功

というわけで、忘れないうちに更新。

b0167673_03723.jpg


b0167673_034573.jpg

まずはスカートから。
どちらもヒザ丈くらいで、座るとヒザが見えたり見えなかったり。
ファッションセンスが無い人はチェック柄に逃げやすいなんて話もありますけど
(図星なのは棚に上げて)古着屋の品揃えなんだからそんなものなんです。きっと。
ウエストはどちらもゴムではないので、お腹が出たら着れなくなる系。

b0167673_044237.jpg

続いては、ワンピース。
ヒザ上の丈っぽいのでけっこう迷ったんですけどね~。
とりあえずはデザインがシンプルなので合わせやら室内着やらの方向で。
でも同じひざ上の一般的なワンピース丈で、他に持ってるもので
主にデザインが外用向けの切り換えタムは仕舞いこまれたままですが(汗)

b0167673_05252.jpg

おまけ。こっそり一緒に買ったもの。たぶんスリップかな。けっこう透けます。
スリップはピンクは持っているので、バリエーションの追加な感じで。
着る機会があるかどうかはまた別のお話(笑)


ネットで買うにも、普通の街のショップで買うにも、丈が短くなくて落ち着いた感じのって
私の知ってる範囲だとほとんど無いんですよね~。
あってもサイズ違いとか、すでに売り切れとか……。
そういう意味では、古着屋さんってデザインがシンプルなのがそれなりにあったので
おばさんっぽい柄を避けてシンプル系で探せば、
個人的には穴場スポットとか繋ぎ的なポジションになるのかな~?
[PR]
# by melody_sinclair | 2013-06-13 18:23 | TG・女装系

通勤途中の古着屋さん。

すっかり投稿の間が空いてしまいましたね。
短い話はツイッターに発言しているせいか、だいぶ減ってしまったのもあるかも。

さて、生存確認も兼ねて近況を。
去年に職場移転してから通勤距離が増えていて、
あいかわらず自転車通勤の範囲内なので、職場から交通費は出ないんですが。
以前は通勤経路に店もほとんど無い状況だったのが、駅前も通過するようになって
だいぶにぎやかな日々を過ごしていたりする今日この頃なわけです。
そんな中、先々月あたりに通勤経路に古着屋ができたんですよ。
行きたいな~行きたいな~と思ってたんですが、なかなか時間が取れず。
行きに見ている時間は無いし、帰りに寄ろうと思っても疲れているのでついつい素通り。
古着だし、大半が525~1050均一セールっぽいし、
あんまり良いものも無さそうという程度の期待感だったので(苦笑)

たまたま昨日、勢いで入ってみたんですよ。
予想通りのラインナップと言うか、長袖シャツ多いな~と見つつ、
古着屋だからか、実店舗なのに自然と女性用のコーナーも漁っている私。
むしろそれに気付いて、自分でもびっくり。
結局、ワンピース1枚とスカート3枚購入でしめて4000円なり。
見た目メインで選んだのでサイズはさほど気にしてなかったけど、
スカートの一枚の裏地がちょっと裂けてたのを除けば、それなりに悪くなかったかな~と。

ワンピの丈はよくあるヒザすぐ上くらいで、スカートの丈はヒザ下のセミロングくらい。
スカート単品はあまり持ってないので、今回のでコーディネートの幅が広がるといいなぁ~。
画像は親の目を盗んで撮れたら、忘れた頃にでも出すかもしれませぬ。
少なくとも、着用画像にはなりませんが(笑)
[PR]
# by melody_sinclair | 2013-06-07 18:05

概念と理論。と本質

よく「私はトランスジェンダーです」って看板をだしていると、
とりあえずそのジェンダーの概念から話を始めようとする人が居ます。
話題の切り口としては(一般的には)間違った手法ではないけども、
とかくトランスジェンダー相手ともなるとその意味合いが違ってくると言うお話。


トランスジェンダー(TG)を名乗ることは、要するに
「男と女以外の無数にある性別の1つ」という話になるわけですが。
これを感覚で捉えられるかどうかはこの際おいておいて、
「性別=個性」だってことは以前にも何度過去のBlogで書いてることです。
人の数だけ性別があるって言い方をするとますます混乱しかねないですけど(笑)

そんな個性をとりあえず大まかに分類して名前を付けたのが概念であって、
とっかかりとして使うには問題ないんですけど、
概念ありきで話が進んじゃうとそれはもう「概念を見てる」ってことになるわけです。
私がTGとしてネットで初対面の人と触れ合う時に
一番「あぁ、この人は私を見てないな」って感じるのが、概念の話をする人。
逆に「難しいことは分からないけど、要するにどうしたいの?」って
そういう話し方ではいる人ほど好印象になったりするのですよね~。
たぶん、意味の固定された言葉で自分を決め付けられるってことは、
レッテルを貼られてるのと同じくらいの苦痛が伴ってるって感じでしょうか……。
あと理論ありきの人は理論に酔ってるって場合もあり(笑)

個性ってことはつまり、ジェンダーって感情論の話なんですよね。
理屈では分かってるけど納得はいかない、なんてことは現実でもよくある話で
表面的なものを取り繕えば満足するなら、とっくに不満なんて無いわけです。
私服はユニセックスな服を着て、スーツも中性なもの(女性ならパンツルック)を着て、
それで自分をごまかせるレベルならそりゃもう安いものです。大バーゲンってくらい。
たいていの人が社会の中でなんとか現実に折り合いつけて生きていて、
でも陰では不満やストレスが溜まっていて……という話であって、
それがたまたま自分の内面に起因しているだけという、文字にすれば簡単な話。
普通の人だって日常に不満は抱えてるし、簡単に解消できないこともあるし。
形が違うだけで一緒。解消したい=多数派に配慮させたいなんてエゴだから。

世の中には「マイノリティの認知度を上げよう、みんなで理解しよう」という運動がある。
けど、たいていそれは当事者にとっては利益になることは少ないです。
知名度が上がれば「自己の利益のために利用したがる人」が寄ってくるもの。
GID(性同一性障害)なんかひどいですよね、もともと先天性限定のはずだったのに。
診断書さえあれば勝ち、AGとか性癖から来る人の免罪符に利用されてしまった。
そして、えてしてそういう「しがみつく人」の方が声が大きいのは言うまでもなく。
その声が認知の流れに乗れば、GID全体がそう見られてしまう矛盾。
「差別をするなと叫ぶことは、差別が存在するということを主張するに等しい」とか。
本当にマイノリティが求めているのは、きっと
「どうすれば傷つくかを知ったら、あとはそっとしておいてほしい」というところなのかも。

恋愛に置き換えると、男性はプレゼントの値段で量りたがるけど、
女性が本当に欲しいのは服でもバッグでもアクセサリーでもないんですよね。
耳元で「好きだよ」ってささやいて抱きしめてくれる方がよっぽども嬉しい。
トランスも感情論だからそういう側面があるわけです。本当にしてほしいこと。
「相手はこうしてほしいだろう、こうすると喜ぶだろう」で止まるのはエゴ、自己満足。
「どうしてほしい?」って直接訊いちゃうのは間違ってないけどずるい手段。
トランスを理解するというのは、結局のところその個人を理解することに等しいので、
恋愛と同義ですよね。相手を好きになるのと同じ覚悟が必要ってことになります。
ちょっと分かりやすく言いかえるなら、
「トランスを理解する」ではなく、「いろいろあるマイノリティの内の1つを理解する」覚悟。
こう言いかえるとトランスジェンダーの概念がいかにちっぽけで誤差なものか。

元から前向き思考な人は別として、基本的に誰かと触れ合うのはパワーがいります。
一歩一歩踏みしめて、何度も軌道修正して、何度も逆戻りして。
「知りたい」を維持することはけっこうしんどいものですよ……(汗)
そして恋愛もそうやって少しずつ前に進んでいくものだから、
きっと、誰かを知ることと誰かを好きになることは同じ。
きっと、興味が失せることと恋愛から冷めることも同じ。
だから半端な好奇心は身を滅ぼすから、そういう人と距離を置くのは自然なこと。
知る覚悟と、知ってもらう覚悟。後者をマイノリティはいつも抱えてるのです。

さて、今回も長くなってしまった(笑)
もしTGを理解しようとしてこれを読んでくれる人が居たら一言だけ言いたい。
「大事なのはその人がどうであるか?であって、
 木を見ず森を見るだけならばその理論には何の意味もない」ということを。
マイノリティだもの、触れ合う中で該当する人なんてそんなに多くないもの。
その人にとって「トランスジェンダー=○○さん」ならば、
トランスジェンダーがどうって話じゃなくて、「○○さん」を見てあげるべきということ。
[PR]
# by melody_sinclair | 2013-03-11 03:58 | TG・女装系

久しぶりにお買い物レポート2

さて、前回(笑)の続き。
こっちはおよそ半年前の、9月末に購入した方のレポートを。
なぜ1から間が空いたかというと、着れる機会があんまり多くなかったからですね。
でも書き始めた時はこっちは購入直後だったんですよ、ほんとだってば!(汗)
今回は下着ばかりなので、届いてからすぐ試着はしなかったし、
(初期不良的な意味でほつれチェックはしたけども)
試着というよりも、1日着ないと感覚が分からないものでもあったので。

今回のコンセプトは「下着の幅を広げる」でした。
どうしてもネットで上下セットで買おうとすると、
レースがついてたり、ローレグだったり、シルク製だったり、と
確かに女の子が普通に身につけるにはファッションにはなるんだけど、
女装するにあたってはけっこう複雑なところがあるものです。

男には「モノ」がついてるので、どうしても布の面積が狭いとはみ出ちゃう。
あとはブリーフとかと違って前側の布が2枚じゃない&薄いので、
女性はさほど隠す必要がないのかもしれませんけど、
男性としては「モノの形がくっきり出てしまう」という弊害もありました。
よって、とりあえずハイウエストなモノとか、コットンとか、地味なのとか、
そういう下着の幅を広げてみたいなーと思って探していたのです。


脇接ぎ無しハイウェストショーツ
http://item.rakuten.co.jp/airinshop/25159/  ¥390×黒1ピンク2
  Mサイズ、ブラック・ピンク、ナイロン85ポリウレタン10綿5%
最初に試着したのはこれ、2枚以上あるってことで(笑)
ピンクをはいた感じのイメージとしては、
「肌色の明るい人はピンク、暗い人はベージュ的な違い」かなと。
そして薄地ゆえにやっぱり、レースとか隠すものがない以上は、
大きくても小さくてもかなりはっきりモノの形が出てしまうのが難点。
黒だと光の加減的にはまだそういう部分が見えにくいのかなと思ってみる。
ウエストのゴムは布と一体化タイプ、締め付けはそれなり。
皮下脂肪の薄い男性としてはちょっと強く感じることもあるかもしれないけど、
それでも跡が残るほどに強いか?といえば、ブルマよりは断然マシ。

花柄プリントピコショーツ、コットン、2枚組
http://item.rakuten.co.jp/airinshop/26701/  ¥500
  Mサイズ、ホワイト、綿100%
ウエストの内蔵ゴムは平ゴムじゃなく紐ゴムに近い感じ。
はいた感覚はブリーフに近かったけど、同じ素材と思えないふわっと感。
軽いというか柔らかいというか、腰回りと足回りもさほど締めつけも強くない。
布の面積が広いので、最大モードでもはみ出ることもなく。
やはり前の部分は布2枚じゃなく1枚なので、形はあるていど分かるけど、
それでもシルクのよりははっきり露骨に浮かないのはいいですね~。
今回買った中では、常用するならこれかな~という感じでした。

水玉プリント本縫いショーツ、コットン、2枚組
http://item.rakuten.co.jp/airinshop/26703/  ¥500
  Mサイズ、ピーチ、綿100%
腰回りと足首まわりが弱めの紐ゴム。
跡がつかない程度の圧迫感で、はいてても特に意識することもなく。
ただ、生地がくしゅくしゅタイプだったのがネックというか。
布が余ってる感じがして落ち着かない。
そういうデメリットとか好みもあるんだなぁと気付かされた。次回は回避しよう。

ベア天丸編みウエストレース ショーツ
http://item.rakuten.co.jp/airinshop/25151/  ¥240×各1(計4)
  Mサイズ、オフホワイト・ピーチ・ブラック・ネイビー、綿92ポリウレタン8%
ウエストゴムは弱い紐ゴムで生地と一体化。
腰回りと足首まわりにレースのついたもの。
やはり男女の違いとしてお尻の大きさがあるのがこういうところに響くらしく、
座ったり立ったりしてるとだんだんお尻がハイレグになってきて、
レースのごわごわが妙に気になったりするのが難点だったかも。
腰回りとか足首まわりとか、レースの方が跡がつきにくいかな?と思ったけど、
意外な弊害というか、女装的ならではのエピソードなのかもしれない。
やっぱりピコ加工大事!……というのを意識して店頭を見てたら、
普通にスーパーとかで市販されてるのってほとんどピコ加工だったんですねぇ。

レディースショーツまちはぎなしレース付きショーツ ドット柄
http://item.rakuten.co.jp/airinshop/25006/  ¥520
  Mサイズ、ピンク、裏パイル仕様、ナイロン55ポリエステル35ポリウレタン7綿3%
他のピンクよりも赤っぽくて明るめ。
だいたい衣類のピンクって傾向が強いか暗めが多いので難しいですよね~。
レース幅はちょっと広め、腰回りはそれでいいけど足回りは気になっちゃう。
お尻もそうなんだけど、レースが幅が広いと内またが気になる。

ベア天丸編みアウトゴム ショーツ
http://item.rakuten.co.jp/airinshop/25152/  ¥240
  Mサイズ、オフホワイト、綿92ポリウレタン8%
いわゆる帯ゴムタイプ。同様の男性向けよりもやっぱり締め付けはソフトでした。
ポリウレタンが入ってるぶん肌触りは良いけど加水劣化が気になるところ。
でも個人的にはやっぱりゴムの跡が残りやすくて、
当たってる面積が広いのはどうにもきびしいという結論へ。


しめて3890円なり。
今まで上下セットで1500円とかばっかりだったぶん、
下だけとは言え12枚でこの値段はびっくりで買いすぎた感も少々……(汗)
(3800円以上で送料無料だったので、1~2枚は実質タダかも)
ブラが高いのか、気取ったデザインだから高かったのか。
いろいろ試すにはいい値段なんじゃないかな~?と思ったわけです。

結論(総評)としてはやっぱり、男性用と女性用は別物ですね~という感じ。
そして個人的にはシルクよりもコットン系の方が安心して履いてられるというか。
(でも、女装さん好きってセクシー好きというかシルクが良いって人が多いですが(汗)
形状にしても、材質にしても、生地の厚さにしても、軽さにしても、ゴムの強さも。
男女の違いから長年かけて今の形になったわけで、
機能性とか実用性で言うなら当然男性用を付けていた方が良い。
ボクサーパンツとスパッツなら紙一重だと思うので、
ユニセックス的な部分を求める人はそっち方向なのかなぁ?とか。
趣味女装の人は「女性モノを身につけている」ということに興奮するんだと思うので、
それはもう女性モノ特有の肌触りとか材質の方が重要になってしまう本末転倒。

今回感じたことを元に、次回のお買い物ができたらいいな~。
と、買うモノの方向性が決まるまではちょっと時間がかかるけど、のんびりと。
[PR]
# by melody_sinclair | 2013-02-25 21:54 | TG・女装系



TG-MtXだったり女装子だったり、リアルでは出せない自分のことや雑談など(疲れたら画像クリックでひざ枕を♪)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
近況報告1709
at 2017-09-10 00:34
君の名は。
at 2016-10-28 22:42
近況1410(女装外出)
at 2014-10-31 23:09
ついでに
at 2014-04-07 23:21
普通じゃないってこと
at 2014-04-07 23:06
宝くじが当たったら
at 2014-04-07 23:06
こっそり撮影成功
at 2013-06-13 18:23
通勤途中の古着屋さん。
at 2013-06-07 18:05
概念と理論。と本質
at 2013-03-11 03:58
久しぶりにお買い物レポート2
at 2013-02-25 21:54
最新のトラックバック
Skypeボタン
メモ帳
skypeは声かけや
追加登録はご自由に~。

ツイッター
フォローなどなど
基本的にフリーです。
その他のジャンル
ツイッターのタイムライン
記事ランキング
画像一覧